治療には数か月、審美治療は保険外です

数か月かけて理想の口元へ

理想の口元にするためには、希望する治療によりますが、例えばガミースマイルの治療の場合は手術は1~5回ほど。外科手術になりますので、術後完全に腫れが引く期間を考えると1回の場合は除いて数か月かかります。
その他のセラミックをかぶせる治療は、口内の治療を終え、歯肉整形から歯をかぶせて終了までは数か月、長いと1年ほどかかります。また、義歯を入れた場合は治療後のメンテナンスも非常に重要になってきます。装着してしばらく経ってからの着け心地や、万が一の虫歯、歯茎の状態などをチェックするために歯医者さんによって異なりますが、数か月に1回はメンテナンスに通います。メンテナンスも保険はききませんので実費になります。メンテナンスの料金は1回1万円ほどが相場のようです。

保険内と保険外の治療を組み合わせますが…

虫歯や歯槽膿漏などの治療はもちろん保険内ですが、それ以降の「審美治療」は全て実費になります。
セラミックの義歯は患者さん個人個人に合わせた歯を作りますが、義歯が非常に高いのです。保険適用内ですと、その材質は樹脂(プラスチック)と金属(金・銀)ですが、セラミックの歯は保険適用外になってしまいます。というのは、セラミックは見た目が美しいという「審美」の材質と認定されているからです。よって、クラウン型の場合、一つの歯につき平均で10~13万円、ラミネートべニアという薄い義歯でも同じほどの値段がかかります。例えば、上顎の前歯を犬歯から6本作るだけで70万円以上、さらに歯肉整形などが加わると、おおよその見積もりで80万円以上は見ておいた方が良いでしょう。ただし、審美歯科は自由診療ですので料金は歯医者によって違ってきます。
アフターケアなどもしっかりした歯医者さんを選ぶようにしましょう。


▲ TOPへ戻る