口元で人の印象は変わります

審美歯科とは、歯の機能面(例えば虫歯やかみ合わせなど)と審美面(例えば歯の白さや歯並びなどの見た目)の両方を手に入れるための歯医者さんです。 もちろん歯科医の免許を持っていなければ開業は出来ませんので、虫歯などの保険のきく治療も行いますが、それにプラスして見た目の美しさを追い求める治療です。

歯を白く機能も兼ね備えた美しさを

虫歯が出来ると痛いですよね。歯槽膿漏が出来ると不快です。そういった口の中の機能面の治療はもちろん、見た目も美しくする審美歯科。歯科側でも歯科医師的な美しい口元の提案がありますが、もちろん患者さんとよく話し合ってプランを建てます。不安な点はどんどんお医者さんに質問しましょう!

治療には数か月、審美治療は保険外です

治療法にもよりますが、歯に被せ物をつける場合は歯型を取ったり歯茎の形を手術で整えたりなど、数か月に及ぶ場合がほとんどです。また、審美治療は保険がききません。歯医者さんによってお値段は変わってきますが、平均して前歯のみを直す場合でも60~80万円ほどかかるようです。

口元の美しさに重点を置く治療です

虫歯や歯槽膿漏がない口の中はとても健康です。物を噛むことに問題が無く負担がない事はとても大事な事です。が、もし、その歯が何らかの理由により変色していたら、自分自身でちょっと気になりますよね。にこっと笑った時に口元の歯が黄ばんでいたり、一本だけ変色していると、審美歯科的には「美しくない口元」となってしまうのです。口元の白い歯、美しい歯並び、そして口の中の健康を兼ね備えるために、審美歯科は存在します。
もちろん、審美歯科を看板にしていない歯医者さんでも一部の審美歯科治療は行っていますが、専門的な事は専門の歯科に行くことをお勧めします。というのは、出来る施術が専門の歯科の方がより多いからです。
具体的な審美治療のメニューは
・ホワイトニング(薬剤を使ったもの)
・オールセラミッククラウン(保険内のレジンではなくセラミックを使用、金属は不使用)
・ラミネートべニア(歯の表面にセラミックを貼る)
・メタルボンド(金属の上にセラミックをかぶせる)
・クリーニング(元の歯のくすみをとる治療)
等があります。これらを組み合わせ、患者さんの要望に沿った治療プランを作成していきます。
もちろん、数回に渡る通院が必要で、審美治療に関しては保険適用外になりますのでそれなりのお値段がかかります。
しかし、元の歯の印象を残しつつ自然な美しい口元になると、歯並びのコンプレックスから解放され自然な笑顔が出るようになるようです。
自信を取り戻すために審美治療を視野に入れてもいいかもしれませんね。

▲ TOPへ戻る